ひらめき【 Dropbox 2GB無料! 】グッド(上向き矢印) ひらめき【 SugarSync 5GB無料! 】グッド(上向き矢印)

2013年01月11日

昔のヘッデン vol.2 Petzl micro

次回はPetzl microです、なんて書いておいて半年経ってしまいました。
特に珍しくもないヘッデンなんでちゃっちゃといきましょう。
購入は十数年前だと思います。多分REIで海外通販です。1ドル100円前後の頃かも。
確かめていませんが、現在販売中の物もほとんど同じだと思います。ベルトのデザインが違う位?

20120522182442_petzl_micro_20120522182442_0010.jpg
お馴染みのフェイス。ベゼルが丸みを帯びている。

20120522182538_petzl_micro_20120522182538_0012.jpg
マイクロは2AAのフィラ。

20120522182600_petzl_micro_20120522182600_0013.jpg
ズーム。ここが特徴と言えば特徴?

20120522182634_petzl_micro_20120522182634_0014.jpg
電池ケースの下に予備球収納可。但し剥き出し(笑)
細かいことは気にしないというある種の合理性でしょうか。
実際、予めシリコングリースを塗っておけば使用上の問題を感じることはありませんでした。

20120522183333_petzl_micro_20120522183333_0016.jpg
ペツルにしては気密性の高そうな電池ケース裏蓋。

20120522182714_petzl_micro_20120522182714_0015.jpg
ベルト。

これと言って目立つ箇所はありませんが、妙に手触りの良いライトとして印象に残っています。
ベゼルにしろ電池ケースにしろ、どう触っていても、樹脂が絶妙に柔らかいんですよね。
柔らかすぎてフニャフニャすることもなく、剛性を保ちつつソフトな手触りを実現しています。
ズーム機能が付いているからでしょうか、掴まれることを意識したデザインですね。
ベゼルのチェッカリングにしても、単に鋭くするのではなく、滑り止め効果を保ちつつも優しく仕上げています。
この記事の最初に、特に珍しくもないと書きましたが、何の変哲もないライトのようで実によく考えられた秀逸な工業デザインだと思います。

次回はプリンストンテックのスポーツライトです。

個人相談と小規模企業法務コンサルティング
堺市堺区の行政書士 木田行政書士事務所

posted by KIDA Taira at 19:30 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | shopping | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィットカットカーブという鋏を買いました

2011年末にプレスリリース、翌2012年1月12日に新発売となったPLUSのハサミ、フィットカットカーブ。
昨年のヒット商品となりました。
少し前にこのフィットカットカーブの左右非対称型「ジャストグリップ」のチタンコートタイプを購入したので載せておきます。
現在の時点で同シリーズ中の最上位モデルとなりますが、千円もしません。
それはそうと、「フィットカットカーブ ジャストグリップ チタンコート」というのは・・・商品名が長い!

h20130108172610_iphone4s 015.jpg
このモデルにはケースが付いてきます。
チタンコートの色は写真では伝わりにくいですね。実物はなかなか美しい反射です。

h20130108171743_iphone4s 009.jpg
h20130108171818_iphone4s 010.jpg
固めにカシメてあって、閉じる(切る)ときにザリザリっと手応えがあります。
ガタは全く無いですね。ハサミには遊びが必要だとも聞きますが、これで特に不都合は感じません。

h20130108171912_iphone4s 011.jpg
グリップ内側にはエラストマー素材を使用。部位によって厚みを変えるなど芸の細かいところです。滑らず快適に使えます。

h20130108172218_iphone4s 012.jpg
h20130108172400_iphone4s 013.jpg
h20130108172413_iphone4s 014.jpg
ベルヌーイ曲線を描く刃部。根本から刃先まで一定の角度を保つことにより、どこで切っても同じ切れ味を維持するという仕掛けです。
ベルヌーイ曲線(ベルヌーイカーブ)はフィボナッチ曲線や黄金螺旋とも呼ばれ、オウムガイの殻のような図形が有名ですね。
この商品の目玉ですが、これは確かに効いています。通常は刃先になると操作が重くなり、雑な切り口になりがちですが、最後まですっと切れる感覚があります。

鋏と言えばフィスカースが好きだったのですが、こういった良質の新製品にもワクワクしますね。

色・形状・表面加工で非常にバリエーションの多いシリーズですが、お薦めはここに紹介した最上位モデルの「フィットカットカーブ ジャストグリップ チタンコート」(品番 SC-175AT)です。
このタイプのカラーは「チタンブルー」一色のみです。

プラス株式会社ステーショナリーカンパニー / PLUS Stationery/はさみ フィットカット

Amazon
フィットカットカーブ ジャストチタン ブルーフィットカットカーブ ジャストチタン ブルー

因みに、2月13日にはコクヨから気合いの入った新製品が出るようです。

刃渡りの長い「ハサミ<エアロフィット・スペリオ>」を発売|プレスリリース|コクヨ
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2012/12/1338.html

チタンコートにクッション付きグリップ、長めの刃渡りで、事務用と言うよりは作業用でしょうか。
こちらも要チェックです。

個人相談と小規模企業法務コンサルティング
堺市堺区の行政書士 木田行政書士事務所

posted by KIDA Taira at 17:36 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | shopping | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

iPhone日付表示用csvファイル

明けましておめでとうございます。
旧年中は多くの方々に大変お世話になりました。
本当に有り難うございます。
いつも手のかかるワガママオヤジで申し訳ございません。

さて、2013年から2014年にかけての日付ファイルを作りましたので置いておきます。
csv形式になっていますので、例えば、GoogleカレンダーなどにインポートしてiPhoneから参照すると、通知センターに日付を表示出来ます。
西暦と和暦で年月日、曜日を表示します。
表示形式は下記の画像を参照して下さい。
date2013ex

(一つ注意する必要があるのは、インポートする際に、「マイカレンダー」から「新しいカレンダーを作成」で予め新規のカレンダーを作成して、そこに読み込むということです。
既存のカレンダーにインポートしてしまうと、元々入力してあった予定と入り混じって大変なことになってしまいます。)

http://www1.axfc.net/uploader/so/2748554.zip
pass: date

Googleカレンダー経由だとics(iCalendar形式)で吐き出せるんですね。
変換サイト、コンバータとしても使えます。
エクスポートしたicsファイルを適当なサーバに置いて、そこをiPhoneから参照してもOKですが、ファイル置き場としての利用を許容していない場合も多いのでサーバの利用条件は確認しておいて下さい。

一応、日付表記が間違っていないか確認してから自己責任で使って下さい。
本ソフトウェアの使用または使用不能によって生じるあらゆる直接的・間接的損害に関して、一切の責任を負いません。

また、技術的な質問にはお答え出来ませんので、適宜検索してみて下さい。
以下の3ページを読むだけで分かると思いますが。

参考
通知センターに日付を表示しよう : iPhoneちゃんねる
http://iphonech.com/archives/53302361.html
iCalendar ファイル、CSV ファイルからの予定のインポート - Google カレンダー ヘルプ
http://support.google.com/calendar/bin/answer.py?hl=ja&answer=37118&topic=1672003&ctx=topic
カレンダーをエクスポートする - Google カレンダー ヘルプ
http://support.google.com/calendar/bin/answer.py?hl=ja&answer=37111&topic=1672003&ctx=topic

基本的には、csvをGoogleカレンダーにインポート→限定公開 iCalendar(ics)のURLをコピー→iPhoneでアクセスして参照という流れです。

タグ:iPhone Calendar tips

個人相談と小規模企業法務コンサルティング
堺市堺区の行政書士 木田行政書士事務所

posted by KIDA Taira at 15:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

昔のヘッデン vol.1 Panasonic BF-192

ちょっと昔のヘッデンが出てきたので数回に分けて掲載します。
今回はPanasonic BF-192。LEDライトがまだ少し物珍しかった頃、新京極通りのモンベル京都店で購入したと思います。十数年前ですね。

20120522182022_panasonic_bf192_20120522182022_0007.jpg
CR123A 1本仕様のコンパクトなライトです。

20120522182223_panasonic_bf192_20120522182223_0008.jpg
スムーズリフレクター(SMOリフレクター, スムースリフレクター)。

20120522182330_panasonic_bf192_20120522182330_0009.jpg
この辺りの成形は芸が細かいですね。ヘッドバンドには鎖状の樹脂による滑り止めが施されています。

20120522183203_panasonic_bf192_20120522183203_0011.jpg
前方90度までの可倒式。黒丸部分がプッシュスイッチ。

何というか、日本メーカーらしい製品ですね。強さは全く感じませんが、嵌合や面取りやらが丁寧な作りです。照度は・・・流石に今は山で使おうとは思いません。と言うより使えません。当時は無謀にもこれで真っ暗な山道を歩いたりもしましたが。色温度は良い感じで、軽い作業には充分だと思います。電池の種類からすると気軽に使えない気もしますが、備蓄用・非常用にはいいんじゃないでしょうか。

次回はPetzl Microです。

個人相談と小規模企業法務コンサルティング
堺市堺区の行政書士 木田行政書士事務所

posted by KIDA Taira at 06:54 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | shopping | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府・奈良県・和歌山県・香川県 木田行政書士事務所