ひらめき【 Dropbox 2GB無料! 】グッド(上向き矢印) ひらめき【 SugarSync 5GB無料! 】グッド(上向き矢印)

2008年04月18日

トンボ鉛筆の新製品 AirPress

私は文房具、とりわけ実用的な筆記具や紙製品に興味があるが、例によって新製品には目がない。先月末、三菱鉛筆のジェットストリーム以来の注目製品が出たので遅蒔きながら紹介。

今回紹介するのはトンボ鉛筆のエアプレス。屋外で使用するための様々な工夫が凝らされているボールペンだ。
最大の特徴は「加圧式」。インクを加圧することによって、上向き筆記や湿った紙への筆記、早書きなどのシ−ンでもスムーズなインク供給が出来るという訳だ。

実はこれまでにも加圧式のリフィル(替え芯)というものはあった。国内では三菱鉛筆のパワータンクが知られている。これはリフィルを密閉する際に加圧したもので、軸自体は通常のボールペンと変わらない。かつて、フィッシャーが宇宙用に開発したスペースペンを元祖とするものだ。リフィルが加圧してあれば重力に頼らずともインクが流れるので、無重力空間でも使用出来る。
対してエアプレスはノックする度にリフィル後端から圧縮空気を送り込み加圧する仕組みだ。もう一度ノックしてペン先を軸に戻すと減圧される(大気圧に戻る)。

これが何を意味するかというと、リフィルを入れ替えて楽しめるということだ。もちろん、リフィルの規格は様々なのでそのままでは使えない場合がほとんどだと思われるが、少々の加工で加圧式の書き心地が試せるというのは面白い。幾つか試してみたが興味深い結果になった。

やはりインク流量が増えたというのは予想通り。水性インクではやめておいたほうが無難かもしれない。油性リフィルでインクの出が悪くなっていたものを試してみるとうまくいったようで、スムーズに書けるようになった。
因みにボールペンのインクの出が悪くなったら以下のような対処法がある。

・リフィルの後端から強く息を吹き込む。
・紐の先に付けたり自転車のスポークに貼り付けるなど遠心力を利用する(飛んでいかないよう注意)。
・ペン先を温める。


エアプレスは、加圧式の他にもワイヤークリップやボディにもこだわりが見られるので、店頭で見かけられたら是非手に取って頂きたい。
ただ、エアプレスは構造がやや複雑なので、建設作業や自衛隊の演習といった本当に苛酷な環境では単純な構造のパワタン金属リフィルタイプのほうが安心出来るかもしれない。
どちらの方式も一長一短あるので用途に応じて使い分けたい。

金属ボディがラインナップに加わらないだろうか・・・。C300系等のリフィルを利用するタイプも欲しい。

加圧ボールペン エアプレス|トンボ鉛筆
http://www.tombow.com/products/airpress/index.html
プレスリリース|トンボ鉛筆
http://www.tombow.com/corporate/press/080312.html
タグ:Stationery PEN

個人相談と小規模企業法務コンサルティング
堺市堺区の行政書士 木田行政書士事務所

posted by KIDA Taira at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | shopping | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

大阪府・奈良県・和歌山県・香川県 木田行政書士事務所

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。